これから業務委託サロンに転職を考えているor気になる方へ【美容室】

ひと昔まではあまり主流でなかった業務委託サロン
なぜここまで委託サロンが乱立していき、美容師はそちらへ転職するのか?
委託サロン反対派意見として炎上覚悟で今回はガッツリと書いていきます。笑

なぜ集客できるのか?

vait_mcright / Pixabay

安いからです。
しかも、ちょっとの安さではなくて破格の料金です。
以前に紹介させて頂きました業務委託の美容室で働く美容師は稼げるの??に詳しく書かせて頂いておりますので参考にして下さい。
とにかく安さでしか通常のサロンとの勝負も難しいので今後は委託サロン同士の価格の壊し合いになるでしょう。
市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

委託サロンに転職する美容師の特徴

kaleido-dp / Pixabay

1番多いのは入客チャンスがない

やっとの思いでスタイリストデビューしましたが、お客様は先輩方のリピーターばかりで新規のお客様も入れるチャンスが少なくサロンを変える選択をされる方です。
自分で意地でもお客様を呼ぶくらいモチベーションが高い方はこういったサロンでも軽々成功してます。

給料の問題

ある程度指名のお客様を持っているにも関わらず満足のいく給料も貰えずにいる方です。
オーナーや上層部に搾取されているか経営が下手なサロンです。

自由が欲しい

業界では拘束時間はサラリーマンに比べると圧倒的に長いのですが、委託サロンは個人事業主なので自由に出勤する日を調整できるのでメリットと感じられる方もおられますね。
しかし、出勤日数が少なくお客様を持ってないと還元率は低く設定されますので給料はガクッと下がります。
市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

墓場ですよ


目先のお金を追うには好条件ですね。
ただ、今後の自分の将来のビジョンを組んだ時に考えてみて下さい。

独立

委託サロンで指名のお客様をつけたとして独立をしても低料金でやり続けるのはかなりしんどいと思います。
稀に通常サロンの定価でも付いてきてくれる方もおられますが、まぁほとんど難しいでしょう。

飼い殺し

経営者は人件費が完全歩合なので人を雇えば雇うだけ儲けになります。
仮にお客様が全く来られなかったとしても人件費はもちろん払う必要はありません。
かかる費用は日割りの家賃と電気代くらいです。
お客様をつけて独立しても低料金で人数をこなさないといけない過酷な日々が待っています。
目先のお金に眩んだ美容師を標的に食い物にされていますよ。
市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

業務委託と言う都合の良い雇用方法

Tumisu / Pixabay

もっと詳しく言うと雇用ではなく契約です。
サロンと美容師が業務委託契約を結んで成立します。
この時点で美容師は個人事業主となり自営業者になります。
ですのでお客様からクレームで損害賠償や裁判を申し立てられた場合は全て自己責任です。
サロン側はあくまで施術を美容師に委託している形になりますので何の責任もないわけです。

しかしながらサロン側も色々と条件を提示してきて美容師の弱みに付け込んできます。
1日何時間以上働いて週に何日以上勤務すると、そこそこの還元率を与えたり最低保証給をつけたり。
そもそもサロン側は施術のみをしてもらう契約をしていて美容師にそれ以外の内容で指示や命令をしてはいけない立場なので聞く必要もありません。
なんなら手が空いてる時は他のスタイリストの施術を手伝わないとダメなサロンもありますが論外です

今まで通常の美容室に勤めて来た方はその考えが当たり前と捉えている方がほとんどですが、業務委託で例えますと“自分の美容室が暇で隣の美容室が凄く忙しい時に手伝いに行きますか?”という事です。
自分の店に売上は全く入らず隣のライバル店に売上を無償で協力をしている事になります。

これは経営者からすると美容師同士がヘルプしあうのは回転率も上がるし好都合なわけです。

サロンの中でこういったヘルプに入らないといけない空気が流れている所は経営者も美容師もバカです
市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

税金対策

先ほど記述したように個人事業主ですので今までは会社が住民税や社会保険完備のサロンは年金や国保も給料天引きで払っていたと思います。
ですが全部自分で税金の支払いをしていかなければなりませんが、現在業務委託で働かれている美容師で事細かく税金対策してる方はかなり少ないでしょう。

美容師はその辺が無頓着の方が多いのでバレないと思って納税していない方もおられると思いますが、エラい事になりますよ。

個人事業主になると業務に携わるお金に関しては経費が使えますので上手に税金対策をしていかなければ国からも食い物にされるでしょう。

こちらの対策方法につきましては後日詳しく書きたいと思います。
市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

今後も美容師を食い物に増え続ける業務委託サロン

nameng / Pixabay

最近ではアイラッシュのまつ毛エクステサロンも業務委託が増えてきていますね。

美容室もアイラッシュも低料金でお客様を早く回して何人やったかがその日の報酬に反映してくるのでクオリティは二の次にスピード勝負の世界です。

都市中心部や駅周辺の繁華街に乱立していますが、最近では郊外にも進出して勢力を増しています。

価格の安さにつられていくお客様
目先の給料に眩んでいく美容師

しっかりと教育を受けたかもわからない美容師に施術してもらうお客様

安さが魅力で初めから技術に対して期待を持っていないお客様を施術する美容師

極端ではありますが、こんな美容師になりたいと思って学校に通いましたか?

給料は少し良いかもしれませんが美容師の地位でいくと最底辺ですよ?

もちろん委託サロンを踏み台に独立までのビジョンを立てて成功されている方もおられますが、稀です。
市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

格差

geralt / Pixabay

今後増え続ける事で格差が大きく出てくるでしょう。
ハイクオリティな技術がウリの高級サロンには腕の良い美容師が集まり、お客様も美意識も高く、単価も高く、良い客層が集まるでしょう。

安さがウリの委託サロンには採用ハードルが低いので中途半端な技術の美容師が増え、お客様の単価や客層も低い方になってくるので真っ二つに別れる時代が来るもの時間の問題でしょう。
※客層も低い方とは“髪に対しての価値観の事で高いお金を払ってまで行く必要がないわ”とお考えの方々です。

まだ委託サロンが出来始めて年数が浅いので勤めていた方の将来に関しては前例がないのですが、美容師として勝ち上がるのは至難の技になるでしょう。

まとめ

ある意味この業界に革命を起こしましたが、先々の事を考えると明るい事は全く持って見えてきませんのでオススメはできません。

現状ではニュースに取り上げられる程の訴訟問題はありませんが、今後そのような事例が出てきた時の当事者になってからでは遅いです。

サロンの責任ではなく個人の責任なので自分では払いきれない金額の賠償を求められては本末転倒ですよね。

その損害賠償のお金で美容室を建てられたかもしれません。

その辺をよくお考えになった上で業務委託サロンの転職を考えてみて下さい。
市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!