【節税】業務委託サロンで働く美容師が使える経費【確定申告】

jarmoluk / Pixabay

みなさん今年の確定申告はいかがでしたでしょうか?

自分の腕一本で汗水垂らして稼いだお金が税金の為にたくさん払う事がアホらしくなりませんでしたか?

少しでも節税をする為に必要なのが経費になります。

来年の確定申告から活かしていける内容ですのでどうぞ!

今回は個人事業主である美容師はどんな物が経費として計上できるのかを紹介していきます。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

まず青色申告という事を前提に話しを進めて行かせて頂きます。

※青色申告でないと正式に経費として計上できる線引きが難しい為。

以前のコチラの記事の経費の部分を深堀りした記事ですので参考にして下さいね↓↓

【業務委託】美容室で働く個人事業主の美容師の経費での税金対策・節税【フリーランス】 | 美容室のあれこれ

消耗品

Nietjuh / Pixabay

基本的に10万円未満、もしくは使用可能期間が1年未満の物は消耗品になります。

・シザー(10万円未満のみ)

・カラーグローブ

・ドライヤー、アイロン、コテ

・コーム、ブラシ

など日頃使う物でも経費計上出来るので領収書を貰っておきましょう。

10万円以上の物は減価償却費として計上できます。

交通費

pandapotter / Pixabay

これはもちろんですね。

仕事に行く為に使った電車代や駐車場代は経費として計上可能です。

電車は領収書が出ませんのでメモをしておき出金伝票に記入しましょう。

友達との食事はどう?

hellosoyeon / Pixabay

取引先やお客様であれば飲み代を交際費として経費にできます。

友達の場合は難しいですが、友達がお客様や取引先だった場合や仕事関係の内容だった場合は大丈夫です。

仕事に関係のある人とランチに行った場合も会議費として経費計上できます。

しっかり領収書の裏に誰と行ったのか記入を忘れずにしておいて下さい。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

美容室で髪を切っても経費です

kaleido-dp / Pixabay

美容師の個人事業主ですので、他店の調査や研究としてカットやカラーに行った際は経費として計上できます。

他にもセミナーや講習会なども全額経費になります。

美容師のスキルアップの為にとる資格とかも経費にしてしまっても大丈夫です。

ですが、言い回しを間違えると確実に突っ込まれるので、あくまで仕事の延長で行ったという事に限りです。

自宅を事務所に

Giovanni_cg / Pixabay

全額は無理ですが、半分であったり1/4であれば経費として計上できます。

この辺は難しくなってくるので話し合いが必要です。

美容師なので事務所が必要かどうかは、物は言いようですので青色申告の方は経費にしましょう。

その際にネットの通信費や光熱費も按分できますので経費にしましょう。

年間にするとかなり大きいです。

その他経費

stevepb / Pixabay

取引先や仕事関係の人の結婚式などは経費として計上できるんです。

もちろん出品伝票に書いておかないといけませんが。

グレーゾーン

geralt / Pixabay

ここから先は推奨しません。笑

もし見つかっても覚悟は出来る方のみで。

私は絶対にしてはいけない経費計上として紹介させて頂きます。

友達と飲みや、焼肉など高額な料理を割り勘でやった際の領収書を貰う。

普通の旅行を経費として計上する。

※一緒に行ってる人が取引先とかであれば問題なし。

彼女(お客様)に対してプレゼントを買った費用として経費計上。

1人カフェでコーヒーを2つ頼めば会議費に。

※誰といたかを書いとかないといけないので、アリバイ作りもしっかりと。

マクドナルドもバリューセットだけではなく、+バーガーも頼むと2人いる会議費の設定になる。

などなど自己責任でお願いしますね。笑




LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後に書いたのは何度も言いますが、私は推奨していませんので悪しからず。笑

自分で稼いだお金を無条件で持って行かれるなら節税するのが絶対です。

脱税はいけませんよ。笑

国にお金を納めたくてたまらない人はガンガン納めちゃって下さい。

最近では会計処理もスマホやパソコンで簡単に無料で出来るfreee

がオススメなので試してみて下さいね。

確定申告も数字の打ち込みとクリックのみで出来るので忙しい方にとっては片手間で出来るツールは最高ですね。

サポートセンターでわからない事があれば電話やメールですぐに対応してくれるので日々の経理や確定申告の時に時間のない美容師さんとって便利なツールです。

無料で始める事が出来るのでランニングコストの削減にも良いですよね。