業務委託の美容室で働く美容師は稼げるの??

ここ最近急激に増え始めた業務委託サロン。
普通の美容室に勤務するより稼げると噂を良く耳にしますが、実際はどうなのか?
低価格でやっていけるのか?
今回はこれから転職されるであろう美容師さんに対して細かく紹介していきたいと思います。

採用のハードルの高さ

Pexels / Pixabay

まず、どれくらいの技術力があれば合格なのかと聞かれますと難しいですが、主に見られる部分はキャリアになります。
採用の前に1から技術チェックするには膨大な時間がかかるので、例えば美容師歴10年の方であれば、よほどの事がない限りお客様を任せる事はできますが、美容師歴2年の方が“僕!何でも出来ます!”と自信満々に言われても経験値の部分で信用性にかけてしまう部分がありますので、見送られる可能性が高いでしょう。
誰かに1から教えてもらって成長出来る環境はなかなか委託サロンではないので心得ておきましょう。

低価格で稼げるのか?

geralt / Pixabay

求人誌などでも指名55%フリー40%と業界内では比較的高いパーセンテージが表記されていますが、そもそもの価格帯がかなり安く設定されていて高率歩合に見えて手に入る金額は少ないのでは?と不思議に思う美容師も多いはずです。
カット+カラー¥3500を上記のパーセンテージで計算しますと、
指名の場合55%で1925円になります。
お客様を早く回す事が必須ですので1時間半とします。
9時間勤務だとMAX6名施術可能ですので、
1925円×6名=11550円が1日に稼ぐ報酬になります。
25日出勤だと11550円×25日=288750円/150名が報酬なのでスタイリストの平均給与からすると比較的良い方ではないでしょうか?

ただ全部1人でこなすので体力的にはキツいかもしれません、、、笑

単純に単価が上がればその分仕事量も少なくやっていけるのでトリートメント等の追加メニューをアプローチして貪欲に単価アップをすれば突き抜けた金額も夢ではないでしょう。

ちゃんと入客できるのか?

alexkrasovsky / Pixabay

ここは1番気になる所でもありますよね。
やった分の対価として頑張ったら頑張った分の報酬を得れますが、1日の入客数が0だったらその日の給料は0円ですもんね。

現在は委託サロンも至る所に増えて低価格層のお客様の取り合い合戦になっているので、見極めが非常に重要になってきます。

逆にお客様を断るくらいバンバン新規の方が来られるサロンも多くありますので安心して下さい。

入客出来るサロンの見極め方

geralt / Pixabay

すごく簡単です。
求人誌などを見て頂いて最低保証給が有るか無いかですね。
初めの3ヶ月は25万保証など明示している所は基本的にお客様が溢れ返っているので、捉え方を変えると25万以上は稼げますよ言う事になります。

注意してほしいのが、極端な例ですが週2日で1日5時間労働の人が25万保証されると言った事はありません。
労働時間や出勤日数がサロンの提示する条件をクリアしないと保証対象外になります。
基本的に給料保証される条件は法外な激務とかではなく、一般の美容室の労働時間くらいです。
1日9時間25日出勤といった所でしょう。
(業務委託のメリットの自由に働けるといった点がなくなりますが、、笑)

パーセンテージの決まり方

nattanan23 / Pixabay

よく求人誌などでフリー35%〜50%と表記がありますが、月間通すと15%の違いは大きく差が出てきますよね。
こちらの決め方ですが、主に出勤日数になってきます。
週1日の方は35%、週5日の方は45%など日数によって細かく振り分けられているサロンが多いです。
週1日の人だと次に指名でお客様が帰って来てくれてもなかなか日程が合わなく入客するのも難しく、その辺がパーセンテージで考慮されているようです。

実際どれくらい稼いでいるのか?

Alexsander-777 / Pixabay

これから働く方がもっとも気になる点にはなりますが、働き方次第で凄く稼げますし自由も通常のサロンに勤めるより広がります。

長く業務委託に在籍していて、ほとんど指名のお客様で売上が100万円ある方だと約60万円近く稼いでる方もおられます。

指名のお客様もほとんどいなく、出勤日数や労働時間が通常のサロンと同じくらいであれば25万円〜30万円と平均給与より少し多く稼げるでしょう。

逆に女性に多いですが、そこまで稼がなくても良いから自由が欲しい方は週2,3日の出勤で指名の多い方だと20万程稼がれるケースもございます。
指名のいない方でも10万〜15万円は狙っていけるでしょう。

歩合のパーセンテージが全てでは無い

Mediamodifier / Pixabay

指名75%フリー50%の表記を見て稼げる!と思って蓋を開けてみたら単価が凄く安いなんて事はよくある話しですのでサロンの料金を見ながら慎重に選びましょう。

逆に単価は良いけど還元率が低い所は集客が難しくなってくる恐れがありますので要注意して下さい。

今後は委託サロンも美容師の取り合いになってくると思いますので徐々に条件は良くなってくると勝手に予想しています。

確定申告も自分で行うので今までより業務は増えますが、無料で使えるfreeeというソフトが個人的にはオススメです。

スマホだけで会計処理が出来て税金対策もできるので個人事業主にはピッタリの無料ソフトです。
無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」



まとめ

現状、スタイリストが辞めて次に行くサロンの大半が委託サロンになってきています。
美容室のオーナーさんからするとアシスタントの頃に1から教えてやっとウチの稼ぎ頭になってくれる!と思った矢先に委託サロンに転職なんかされると溜まったもんではありませんよね。
そうやって頭を抱えているオーナーさんが今はとても多くおられます。
私の個人的な意見も反対派ですので近いうちにこれから委託サロンに転職を考えている美容師さんの為にも炎上覚悟で赤裸々に書きたいと思います(笑)