【業界は改善する気はあるのか?】美容師の離職理由TOP5

お気に入りの美容師を見つけるといつの間にか居なくなっていた、、、などご経験はないでしょうか?
離職率の高い職業の中で美容師は例年高い数値を叩き出しております。
一般の方も美容師が離職率が高い事はご存知の方も多いと思います。
なぜ他の職業に比べて高いのか?
今回は離職理由のTOP5を紹介していきたいと思います。

5.手荒れ、肌荒れ

zhivko / Pixabay

こちらは有名ですが、美容師にとって職業病のようなモノであり肌の弱い方は手荒れと共に勤めていかなければなりません。

特に女性にとっては苦しい問題でヒドい方だと手の平から肘あたりまで荒れる事もあります。
アレルギー体質の方でもっとヒドい方は全身に発疹でできて見ているこちら側も見るに耐えない状態です。

医者からも辞めるまでは治らないと告げられ泣く泣く辞めて行かれる方が多くおられます。
今では手荒れの恐れのある方でも働けるカット専門店などもあるので昔に比べると転職先もあって優しくはなってきてます。

4.理想とのギャップ

NeuPaddy / Pixabay

新卒生の方に良くある離職理由なのですが、お客様側として見てきた美容師と働き出してからの美容師のイメージでは180度変わると言っても過言ではありません。

周りから見ると華やかでオシャレな職業かもしれませんが、働きだすとそのイメージもなくなり思っていたのと違うといったギャップが生じて去って行かれる方が毎年おられます。

働きだしてもお客様時代のようにおもてなしをしてもらえると勘違いして入社するとエライ目にあいます。

3.給料

とにかく安いです。見習いは手取り13万とか良くある話です。
サロンによっては良い所も増えてはきましたが、美容師の平均年収はアシスタント〜オーナーを平均して250万程と言われています。
特にアシスタント時代は驚くような薄給で時給計算すると最低賃金よりはるか下回ります。

独り暮らしになると家賃、光熱費、食費、携帯代でほぼなくなってしまい、服などを買う余裕はなく安い服をどうオシャレに着こなす方も多いです。

格差は大きく売れっ子になるとそこそこ給料を貰えるようになりますが、そこまでの道のりで耐えきれずに挫折される方が大半です。

オーナーになってサロンが繁盛すれば他業種の方よりも突き抜けた給料を得られますが、美容室の競争率は年々激しく勝ち残れる可能性は1%以下らしいです。



2.労働時間

Capri23auto / Pixabay

1日の半分以上は確実に拘束される美容師。
20〜30歳まで10年間働いたとすると労働時間は丸5年になりますよね?
全く寝ずに20歳〜25歳まで5年間丸々働いてる計算になります。
家庭を持つと家族の時間が取れずに辞める方や、友人と遊ぶ機会もなくなり何の為に働いてるのかと気持ちにブレが生じてきて去っていきます。
ある程度改善されているサロンも増えては来ていますが、まだまだ少なく
今の所、労働基準法が完全に守られる時代が来るのを待つしか対策はありません。

1.人間関係

5688709 / Pixabay

どこの業界、職場でもある話しですが人間関係は辞める人がサロン側に伝える内容は上記の4点や家庭の事情なとが多いですが、本音を探ると人間関係は必ずと言って良い程でてきます。
スタッフとは1日の半分を過ごす事もあり嫌な部分も垣間見えてきます。
特にパワハラなどの意識も低い上司が一般に比べると多いため罵声を平気で浴びせてくる方もおられるので耐えずにストレスを抱えて退社される事もしばしばあります。

まとめ

以上が主な離職理由になりますが、労働者に非がなく会社の都合で振り回される件に関しては早急にサロンを変えるなどの活動をするべきですね。
中には自分の甘さで美容師を辞める方もおられますが、せめて一般の会社員の方のような労働条件と給与体系に近づく事で少しは離職率も減るのではないのかなと思います。