都会の美容室と田舎の美容室の違い

今回は今後美容師になる方や、転職をされる方に少しでも参考になればと思い紹介させていただきます。
同じ美容室でも都会と田舎では業務は同じでも内容がかなり変わってきますし、今後の美容師人生を左右すると言っても過言ではないので是非参考にして下さい。

スタイリストデビュー

barber_teacher / Pixabay

《都会》
サロンによって違ってはきますが、大手の美容室やセット面やスタッフ数も比較的多い美容室ではスタイリストデビューまで約3〜7年になります。
振り幅は大きいですが、しっかりとしたカリキュラムで項目も多く毎回テストに受かると3年といった感じでしょう。
なかなかストレートに受かる方も少なく時間のかかる方だと7年でデビューといったケースも見受けられます。
早くデビューしたい方には不向きかもしれません。

《田舎》
基本的に小規模の美容室が多いので、そちらのを基準にしますどデビューは比較的早い方です。
3年ではスタイリストデビューしてる方が多く、若くして入客していけますので独立も早く期待できます。
都会の美容室ほどカリキュラムの項目も少ないケースが多いので、しっかりとした技術を持ってデビューした方には不向きでしょう。

客層

coffeebeanworks / Pixabay

《都会》
20代〜40代の方が多く、お客様も流行りに敏感なので美容師もトレンドに敏感でなければなりません。
季節ごとに流行りも変わってきますので、刺激はかなりあります。

《田舎》
主婦や地元の学生も多く、お婆ちゃんも来られたりと幅広い客層の方と接する事ができますが流行りに敏感ではない為、都会の美容室と比べると刺激は少し少ないかなと思います。

スタッフ

geralt / Pixabay

《都会》
かなりオシャレな人が多いです。
ダサい感じの方は常に言われ続けて改善されてオシャレになっていきます。
その為、給料の大半が服代に消える方もおられるようです。
《田舎》
どちらかと言うと都会に比べると生活感のある方が多い傾向です。
もちろん個人差はありますが、個性的なファッションなどが受け入れられなく浮いてしまう事もあります。

給料

《都会》
給料の振り幅はかなりあります。
保険などを引かれて13万円のアシスタントもいれば、100万円以上貰っているスタイリストもいます。
競争率はとても激しいですが、お客様が自分の指名についてくればサラリーマンよりも稼ぐことが可能です。

《田舎》
こちらは給料の振り幅は都会に比べると少ないですが、100万円以上稼ぐ人は複数店舗を経営してるオーナーが多いでしょう。
都会に比べると入客チャンスが人の多さで圧倒的に違うので早く独立して稼ぐ方が多く、都会に比べると独立もしやすい環境です。

自分の時間

Monoar / Pixabay

《都会》
ほぼありません。
家は寝る所で、ゆっくりくつろぐのは休みの日です。
朝早くからレッスンをして営業が終われば終電までレッスン。
家に帰って、風呂に入ってご飯を食べて寝て、また同じサイクルを繰り返します。

《田舎》
まだ都会に比べるとあります。
営業時間が早く閉まる事もあって20時や21時にサロンを出れる事もあるので終わってから友人とご飯を食べに行く事もできるでしょう。

まとめ

極端な例ですが、ザッと紹介させていただきました。
もちろん都会や田舎の美容室でも例外なサロンもたくさんありますので、これが全てだとは思わないで下さい。
ちなみに離職率の統計は都会の方が多いです。
刺激や内容の濃い仕事を求める方はオススメですが、その分プレッシャーになり心身共に疲れるので注意して下さいね。