【保存版】お客様に美容師がされると嫌な事10選

オシャレな空間でリラックスをして癒されて、

心地よいシャンプーで最高のひと時を味わう美容室。

ただ座っているだけて美しくなっていく姿に心躍らせる方も少なくないでしょう。

そんな中、美容師さんがお客様にされて嫌な事は何か!?

今回はそんなお客様の知らない裏事情をピックアップしていきたいと思います。

1.初回の来店で全ておまかせ

StockSnap / Pixabay

これはなかなか美容師さんからしてハードルが高いと言いますか、

初めて出会った人の好みを全て察知するのは無理があります。

何でも揃ってる料理屋さんに行ってメニューを見ずに私の好きそうな物を持ってきて!

と言っているようなものです。

せめて避けたい髪型や色味を伝えるだけでも美容師さんは提案はしやすくなると思います。

2.下を向いてスマホや雑誌

Free-Photos / Pixabay

カットやパーマの際は顔が真っ直ぐ向いた状態でのパネルの引き出しが要になってきます。

下を向いた状態だといくらプロとはいえ、やりにくいのが現状です

カラーの場合はカラー剤が塗られた髪が顔につくリスクが高くなりますのでお客様の為にも前を向いておくのがベターです。

雑誌やスマホを見る際も顔をグッと下げずに手を上げて高い位置で見ると顔も下がらないので良いでしょう

3.こっくりしながら寝る

AndrewExtra / Pixabay

これは、大抵の美容師さんは経験済みで慣れている方がほとんどです(笑)

疲れていてゆっくり休んで欲しいが為に起こす事はしないのですが、

施術中は結構進行の妨げになります。

アイロンを使う技術などの時は火傷にもなりかねないので起きておきましょう。

4.黒染め後のハイトーンカラー

Pezibear / Pixabay

まずこの状態の方は1回で理想の色に近づく事はないと思って臨みましょう。

セルフカラーでした場合は更にハードルが高いです。

半年前にしたから大丈夫と思っている方もいますが、ガッツリ色素は残っています。

長期的に計画を立ててじっくりと明るくしていく事でムラは少なく、より良い仕上がりになります

5.前行ってた美容室では出来た

ChristianeBrand / Pixabay

前述の黒染めもそうですが、以前は思った通りに明るくなった等、以前と今では髪の状態は同じ事はまずありません。

プロはカウンセリングした上で予測を立てて提案してくれているので素直に受け止めるのがベターです。

素人の意見とプロの意見が混同して良い仕上がりになる事は極めて低いです。

6.ブリーチ毛・縮毛矯正毛にパーマ

Starkvisuals / Pixabay

ブリーチと縮毛矯正は施術メニューにおいて髪に負担がかかる2大巨頭です。

パーマのダメージに耐えきれなくなった髪の行く末は綺麗なカールが待っている可能性はほぼ皆無でしょう。

最悪の場合とうもろこしのヒゲのような

ひょろひょろな髪になってしまう恐れがあります。

7.大幅な遅刻

pixel2013 / Pixabay

美容師さんは1日通して忙しい所だと10分がその後の段取りを全て狂わす事もあります。

30分遅れる事を連絡を前もって入れれば段取りを修正しますが、

連絡なしに30分遅れの時に来られた際は段取りは狂うし他のお客様負担はかかるしで大変です。

他のお客様にも迷惑をかけるという事を頭に入れておきましょう

8.無断キャンセル

geralt / Pixabay

これは言うまでもありませんね。

よくあるパターンは寝てて起きたら予約の時間が大幅に過ぎていた等です。

ちゃんと後にでも連絡は入れておくのが良いでしょう。

意外と美容室のスタッフの方は無断キャンセルの人は覚えていますよ

9.美容師の問いかけにフル無視

完全にフル無視する方はなかなかいないですが、

問いかけに聞いてるか聞いてないかわからないような無視をされる方はおられるようです。

美容室ではあまり話さずゆっくりしたい気持ちもわかりますが、少しくらいはコミュニケーションをとる事も大切です。

何回も行っている美容室で美容師さんとも関係性が出来ている場合はさほど問題ありませんが、初めて行く所でそれをすると美容師さんも人間なので敬遠します。

10.タダで切ってくれ

whoismargot / Pixabay

これは美容師の友人間で起こりうる事なのですが、それでその友人と今後の付き合いを考えていく美容師も多いです。

確かにカットをしてもらうのは実質お金はなくてもハサミのみなので可能です。

しかしながら、カットが出来るまでに費やした時間、ウィッグ代、数多くのカットモデルを経て多額のお金や時間を投資して手に入れた技術です。

それを意図も簡単にタダで切ってくれと言うのは自分の事しか考えてない頑張ってきた背景の読めない残念な人だと思います。

同じように手に職を持つ他業種の人などは残念な人から言われた同じ経験があるのでそんな事は絶対に言わないでしょう。

仮にタダで切ってもらったとしたらお金ではなくとも何か別の形で返してあげると言う心意気のある方でしょう。

以上!美容師がされると嫌な事10選でした!!

美を追求していく中で必要不可欠な美容師さん

お客様も美容師さんも気持ちよくお互いが出会えて良かったと思える関係性、、、、

たとえお金は払っているとはいえ相手も感情を持った人間です。

利害関係のみで一生のお付き合いをしていくのは不可能に近いのでお客様はお客様なりの最低限のモラルを持っていきましょう。

長くなりましたが読んで頂き、ありがとうございました。

※この記事は著者の一個人としての意見ですので参考程度にお引き受け下さい。

美容室でしか置いてない
サロン専売品が最大40%OFF♪
ポイントも付いてお買い得ですよ!!