【保存版】知っておきたい!今さら聞けない保険関係の話し【美容師】

Alexas_Fotos / Pixabay

働いていく上で嫌でもついてくるのが税金と保険ですよね。

今回は保険について詳しく書いていきたいと思います。

手取りが欲しいので保険に加入する事に抵抗のある人。
手取りが少なくても良いから保険だけは加入して欲しい人。

人それぞれの価値観がございますので、どちらが良いとは言い切れません。

保険の中でも美容室で働いている上で加入できる保険が4種類あります。

①雇用保険

②労災保険

③社会保険

④整容国民健康保険

全て掛け金や内容が違って来ますので深くご説明させて頂きます。

雇用保険

こちらは働いている限り強制で加入しなければなりません。

負担額もかなり少ないです。

総支給額が18万円の方であれば従業員の負担は720円です。

オーナーさんが支払う金額が1260円ですね。

これをケチって加入してくれないサロンは本当に辞めた方が良いと思います。

雇用保険は仕事を辞めたり失業した際に次の就職先が見つかるまで失業給付金というのを支給して頂けるのです。

見つからなくてもすぐに就職をすれば再就職手当といって約1ヶ月分の給料の金額が頂けます。

加入していなければ全く何も貰えません。

美容師の正社員として働くのであれば雇用保険に加入する事は義務ですので、覚えておいて下さいね。

労災保険

こちらは業務中や通勤中に災害や負傷した際に適用されます。

1人でも雇うと加入必須になりますので、こちらも今勤めている所でご確認を。

美容師でこちらが適応されているシーンがかなり少なく、あんまり必要ないとは思うのですが万が一の時に必ず役にたちます。

業務中に負傷して病院に行った場合は健康保険が適用されません。

そうなった時に加入していないと全額自己負担という形になります。

医療関係は桁違いの金額が掛かってきますので万事に備えておきましょう。

社会保険

こちらは引かれる金額はなかなかです。
収入によって変わって来ますがアシスタントで2万円くらいです。

手取りが欲しくて超健康体の人からしたら邪魔者でしかありませんね。

しかしながら、社会保険に関しては一生に関わるくらい重要なもので加入していると加入していないのでは老後の年金に大きく差が開きます。

将来結婚すると奥さんが扶養の範囲内でパートをすれば旦那さんの支払う社会保険保険料のみで加入できたりとかなりお得感があります。

社会保険の内訳は
健康保険
厚生年金
介護保険
これらを合わせて社会保険と言います。

保険料に関してはサロンと折半します。
基本的には自らどこかへ支払うのではなく、給料から引かれるケースほとんどです。

もし社会保険に加入したい場合は以下の項目に当てはまっていれば加入できますのでオーナーと相談してみて下さい。

①常時従業員が働いている法人事業所(株式会社・有限会社)

②常時5人以上の従業員が働いている工場・商店・事務所等の事業をしている個人事業所

と言うよりもこの項目に当てはまっている所は加入義務がありますので入っていないとおかしいです。

こちらは最近の若い方が就職する際に必須になってきていますね。

整容国保

こちらは勤務先が大阪府下の個人経営の店舗の場合のみ加入可能な保険です。

事業主は一律13500円
従業員は一律10500円です。

アシスタントの方で収入の低い方は国民健康保険の方が若干お得になります。

スタイリストになってくると整容国保の方が圧倒的にお得なので収入によって使い分けても良いでしょう。

民間保険

こちらは国が管理している保険ではなく、民間企業の保険になります。

よく聞く所だと第一生命・日本生命・アフラックなど誰もが知っている保険会社に加入するという事です。

個人事業主でされている方は社会保険がない方がほとんどなので将来的に社会保険(国民健康保険、厚生年金)に加入されている方より掛け金が少ない分、給付される額も必然的に低くなってきます。

そこで助け舟の一つとして民間保険があります。

家庭を持たれている大黒柱の方などは既に入られていると思いますが、独身のうちから入っておいて損はないのでオススメします。

掛け金も数百円〜何万円と幅広くございますのでご自身のライフプランに合わして、いざという時のために備えておくと良いですよ。

歳をとった時に返ってくる年金型の保険や日常の病や怪我をした時に収入を確保する保険など種類は様々です。

膨大な種類の保険がありますので、オススメのサイトを貼っておきますね。

専属のアドバイザーの方に自分にあった保険を提案してもらえるので安心して加入できます。

保険マンモス

まとめ

いかがでしたか?
雇われているうちは社会保険が重要にはなってきますが、25年間支払うと貰える権利があるのですが、特に男性美容師は独立をされるので、その際に株式会社などで設立して自ら加入しないと今まで払っていた意味がなくなります。

しかしながら社会保険に加入してしまうと従業員の半分も負担しなくてはいけないので、なかなかの支出になります。

自分の将来をしっかりと成形して何が1番適しているか考えてみて下さいね。